【リネレボ】2次転職への最短ルート【12/5更新】

リネージュ2レボリューション

リネージュ2レボリューション(リネレボ)の2次転職への最短ルートを掲載しています。2次転職への最短ルートが気になった場合には是非参考にしてください!

2次転職とは?

上位職への転職

二次転職とは初めに選んだクラスから更に特化した性能を持った上位職になることです。まずは二次転職することを目標にしましょう。転職する先は2つに分かれており、火力系とタンク系、など転職先により役割が変わってくるため、自分にあったプレイスタイルのクラスを選ぼう。

二次転職のメリット

専用スキルの習得

二次クラスに転職すると、専用のスキルを習得することができます。専用スキルは各クラスの性能を最大限に引き出すことができます。

ステータスの上昇

二次転職することで、ステータスが大幅に上昇されます。その後の攻略を簡単に進めることができるようになります。

二次転職の注意点

一度二次職に転職したあと、職業を変えることができません。なので、頑張ってリセマラで当てた強い武器などが二次転職したら使えなくなってしまった!という事にならないように注意しましょう。

二次転職への最短ルート

レベルを31まで上げる

まずはメインクエストやエリートダンジョンなどに行き、キャラクターのレベルを31まであげましょう。

転職クエストをクリアする

レベルが31になったら転職クエストに挑戦しましょう。決闘は転職クエストを受けてからでないとクリアにカウントされないので注意しましょう。

転職クエスト一覧

クエスト 内容
忍耐の証明 モンスターを50体討伐
1日のまとめ 曜日ダンジョンをクリア
準備の姿勢 Nランクアイテムを5個獲得
万人の認定 決闘上で1勝
資格証明 10,000アデナ獲得
限界突破 装備強化に1回成功
認定 ボーンコレクターキリオスを討伐

 

最速でこなすためにやっておくと役立つこと

アデナボックスorメールを開かない

意外と詰まりやすいのが、10,000アデナ獲得という条件。10,000アデナを確保するために未開封のアデナボックスやアデナ付きのメールは開かないようにしましょう

曜日クエストの挑戦回数を残す

曜日クエストの挑戦回数は残しておいたほうがいいです。しかし、曜日クエストに関しては序盤のうちから1日複数回こなしてもそこそこの恩恵があります。既に曜日クエスト挑戦権がなくなっている場合はレッドダイヤを使用して挑戦回数を増やしてみるのもありかもしれません。

決闘場も回数を残す

決闘場にいけるようになったからといってすぐに挑戦して回数をなくさないように注意しましょう。転職する日に挑戦する回数は4回までに止めておいて、1回分は転職クエスト用に残しておきましょう

転職後にやるべきこと

転職後はすぐにスキル登録

転職クエストをクリアして二次転職になると新しいスキルを複数習得します。スキルを登録するというチュートリアルなどは出てこないので自分でスキル登録を忘れずにしましょう。1次クラスで覚えているスキルより強力なものなので是非使っていきましょう。

更なるコンテンツに向けてレベル上げ

転職後もコンテンツは山ほどあります!レベル38になると経験値ダンジョンに挑戦できるようになったり、レベル50になるとペットに乗れるようになったりと転職後のレベル上げも重要になっています。

ヒューマンのおすすめ転職先

ウォーリアー系ならパラディン

パラディンは防御系のスキルがとても多いので敵の強い攻撃から味方を守るタンク役に向いています。敵からのダメージを大幅に軽減することができるため、自分よりレベルの高い相手も簡単に狩りやすくレベル上げもしやすいです。

ローグ系ならトレジャーハンター

トレジャーハンターはバックスタブというスキルを持っています。このスキルは相手の動きを止めることができるので、PVE(対モンスター)には少し向いていませんが、PVP(対プレイヤー)でとても活躍するスキルです。

メイジ系ならビショップ

ビショップにはメジャーヒールというスキルを持っています。このスキルは味方を回復させることができるので、アタッカーとしては活躍しづらいですが、味方のアタッカーを回復させてあげることでとても活躍することができます。

 

エルフのおすすめ転職先

ウォーリアー系ならソードシンガー

ソードシンガーは味方を強化することのできるスキルをたくさん持っています。なのでPVPなどでパーティー全体の火力を上げることができるので敵を簡単に倒しやすくすることができます。

ローグ系ならシルバーレンジャー

シルバーレンジャーは攻撃力は高いとは言えませんが、遠距離攻撃を得意とするクラスです。なので、近距離攻撃が多いボスやウォーリアー系などが相手の場合は有利に戦うことができます。

メイジ系ならエルダー

エルダーにはホーリーファイアというスキルを持っています。このスキルは敵の被ダメージを増加させるというスキルです。これにより相手は普段より多くのダメージを受けるので倒しやすくすることができます。

 

ダークエルフのおすすめ転職先

ウォーリアー系ならブレードダンサー

ブレードダンサーは全職業の中でもトップクラスの高火力クラスです。PVPではアタッカーとして大活躍することができますし、範囲攻撃でPVEでも敵を狩りやすく、レベル上げもしやすいクラスです。

ローグ系ならアビスウォーカー

アビスウォーカーは敵を出血状態にするアクティブスキルと出血状態の敵に追加ダメージが発生するパッシブスキルを持っています。なので1対1の戦いにとても強いです。

メイジ系ならスペルハウラー

スペルハウラーはパーティーのクリティカルダメージを増加させるというパッシブや、敵の移動速度や防御力を低下させるというスキルを持っています。これにより敵を倒しやすくさせることができるサポート向けのクラスです。

 

ドワーフのおすすめ転職先

ウォーリアー系は自分に合った方を!

ウォーリアー系にはガーディアンという味方を守るのが得意なタンク役と、スレイヤーという敵を殲滅することが得意なクラスがいます。血盟内でのバランスや、自分はこっちがやりたい!という方を選んでみてください!

ローグ系ならスカベンジャー

スカベンジャーは敵の移動速度を下げるスキルと、移動速度が低下した敵に攻撃すると追加ダメージを与えることができるので、このクラスも1対1がとても強いクラスです。

メイジ系ならスペルハウラー

スペルハウラーは敵のことをノックダウンさせることができるスキルを持っています。そしてパーティーのクリティカルダメージを上昇させるパッシブスキルも持っています。パーティーにいるだけで全体の火力をあげることができるのも強い点です。

 

ウォリアー系職業

1次職業
ヒューマンウォリアー エルフウォリアー
ダークエルフウォリア ドワーフウォリア
2次職業
ヒューマン
パラディン ウォーロード
エルフ
テンプルナイト ソードシンガー
ダークエルフ
シリエンナイト ブレードダンサー
ドワーフ
ガーディアン スレイヤー

序盤攻略情報

序盤、初心者の方はこちら

序盤の効率的な進め方

大当たりリセマラ情報

武器の当たり、リセマラのやり方が気になる方こちら

リセマラランキング リセマラのやり方

全種族情報

職業、対人情報

全職業一覧、対人最強職業ランキングはこちら

全職業の一覧 対人最強職業ランキング

装備情報

武器防具はこちら

全武器の一覧 全防具の一覧

コメント